不同視の症例・事例


症例・事例-1

視覚発達検査希望で来店のM・Mさん 8歳

視力・両眼視・眼球運動・視覚認知・目と手の協応等検査する

遠方右裸眼視力は1.0と良いが、遠方左眼裸眼視力は0.1で見にくい状態であった。

屈折状態は

右眼はS+0.25C-050AX15の混合乱視
左眼はS-3.00C-0.50AX170の近視性乱視

両眼視機能検査

マドックス検査にて
左眼5△基底上方(上下斜視or上下斜位) 10△基底内方(外斜視or外斜位)
偏光視標での指標が一方しか見えない(抑制が生じている)、当然立体視検査での浮き上がりなし。

方針

右=0.00D
左=-3.00D のメガネを購入していただき毎日使用してもらう。
そのうえでビジョントレーニングを毎日5分間してもらい1ヶ月後再検査予定とした。

1ヶ月後来店され眼位検査をしたところ眼位は正常、立体視も正常になっていてた。
保護者曰く
1ヶ月という短期間にもかかわらず学習意欲の向上や運動(野球)能力の向上がみられ大変良かったし安心した。

* 不同視ではあるが両眼開いた状態での視力が良いからと言って矯正は不要と考えないでください。適正に矯正しないと眼位異常特に目の内寄せをしなくなることで 内直筋の働きが悪くなり外斜位あるいは外斜視に移行する危険があります。また良質な視覚情報を脳に届けることが出来なくなり作業効率(学習効率)にも影響 を与えかねませんので注意しましょう。

 

症例・事例-2

不同視メガネご希望の高校生

目の疲れ・頭痛をともない眼科医の指導でコンタクト使うが改善しないので中止した。
眼科でのメガネの度出し検査(装用テスト)は苦痛で最後まで行えず処方に至らなかった。
最近特に疲れ・頭痛がひどいので合うメガネが欲しい。

遠方右眼裸眼視力は0.1で見にくい状態であったが遠方左裸眼視力は1.0と良い。

屈折状態は

右眼はS-3.00C-0.25AX146
左眼はS0.00C-0.75AX180

両眼視機能検査

偏光視標を用いた検査にて

十時テスト:1△基底内方(外斜位)
右眼2△基底上方(上下斜視or上下斜位)
コの字検査:不等像視なし
近見マドックス:9△基底内方

方針

装用テスト結果良い感触を得たので下記度数にて作ることとした。

右=-2.50D
左=0.00D △1.5基底下方

※不同視で片眼の視力が良いからといって視力矯正は不要と考えないで下さい。両眼視の最高機能である立体感覚が損なわれるだけでなく両眼のチームワークが乱れてしまします。結果今回のように全身に悪影響を及ぼす事になりかねませんので注意して下さい。

 

 

Top