レーシック術後パソコン作業が辛い


パソコンメガネを作りたいとおっしゃり来店される方に角膜近視手術(レーシック手術)を行った20代30代の方が時々おられます。

遠くは見やすくなったが、パソコン作業が疲れてしょうがないとおっしゃる方です。

検査すると、乱視も関係しますが、大抵遠視眼状態になっています。つまり角膜の削り過ぎです。

私たちは近くを見るとき水晶体を厚くして屈折力を増しピントを合わ せています。遠視の人は近くを見るときに働く水晶体を遠視の分だけ多めに厚くしてピントを合わせなければはっきり見えません。10代の柔らかい水晶体なら 疲れなどあまり気にならないでしょうが20代30代ともなるとパソコン作業は大変苦痛になってきます。

角膜を削る手術そのものにも疑問がありますが(もし角膜が厚くなる事で近視になったのであれば手術自体に意味がないとは言えません、しかし近視の殆どは眼の奥 行きが伸びることによって生じる軸性近視と言われるものです。)、それ以上に遠視眼になろうとも遠くが、裸眼で見やすくなればそれで良しとしてしまう医師 やそれに任せっきりのお客さんにも問題があると思います。

度数にもよりますが、近視眼はほとんど裸眼でのパソコン作業等近くが楽に見える目なのです。仕事でパソコンを使わない仕事が皆無になっている現状で は、術後の「近くが見にくい」「疲れる」は、とっても深刻な問題であると受け止めております。メガネ・コンタクトが不要と喜んだのが、ぬか喜びとならない ように、これからレーシック手術を受けようかと考えているなら熟慮が必要ですよ。

 

Top