目とレンズの度数について-1


レンズの度数はディオプターという単位を使います。1D(ディオプター)は焦点距離1メートルの度数という意味です。(焦点距離の逆数をメートル単位で表しています。D=1/焦点距離(m))つまり

  1. 2D=焦点距離0.5メートル
  2. 3D=焦点距離0.33メートル
  3. 4D=焦点距離0.25メートル
  4. 5D=焦点距離0.2メートル
  5. 10D=焦点距離0.1メートル

というように、
例えばレンズ度数が
球面=-2Dとあればそのレンズは焦点距離0.5メートルの凹レンズと言う事になります。
球面=+2Dとあればそのレンズは焦点距離0.5メートルの凸レンズと言う事になります。

  • 今あなたの目の全度数が正視に比べ2D多いとすると、これを相殺する度数は-2Dですね。つまりこれが近視の状態で矯正度数が球面=-2Dとなる理屈です。
  • 今あなたの目の全度数が正視に比べ2D少ないとすると、とこれを相殺する度数は+2Dですね。つまりこれが遠視の状態で矯正度数が球面=+2Dとなる理屈です。

メガネレンズの度数が-4.00D(ディオプター)とすると上記「4」から焦点距離が0.2メートル(=20センチメートル)となります。これは、メガネやコンタクトなしでは眼から20センチメートル離れた所にちょうどピントがあっている眼と言う事になります。ゆえに、それより遠くも近くもぼけるはずです。しかし、眼内にはピント合わせをする水晶体というレンズがあり、ピント合わせをする調節力があれば近くの方はある程度まで近づけてもぼけないで見えます。若いほど調節力があるので、ななり目に近づけてもピントが合います。

Top