子供の屈折検査と調節麻痺剤


幼児・子供の調節力は強い。

さて眼疾患以外で子供の視力低下の原因をみると

  • 遠視・遠視性乱視
  • 近視・近視性乱視
  • 混合乱視
  • 仮性近視(偽近視)(調節緊張)
  • 心因性の視力障害
  • 斜視
  • その他調節障害や輻輳障害等

が考えられます。斜視・遠視(遠視性乱視含む)・強度近視(強度乱視含む)は放置しておくと「弱視」=「矯正視力さえ上がらなくなる」になってしまう事があるので治療が必要になります。心因性の視力障害などの診断は小児眼科や小児に強い眼科診察が必要です。

幼児・子供の屈折異常には調節麻痺剤検査

近視や遠視や乱視等を知る検査の中に他覚的屈折検査(器機等で測定する)というものがあります。子供の調節力は大変強いので不要な調節の介入を防ぐ調節麻痺剤を使用しないと本当の度数がわかりにくいものです。

調節が介入するとは、例えば強度遠視なのに弱度遠視や正視または弱度近視として検査機器で測定されてしまうことです。言い換えれば、検査値が近視傾向(遠視だったら弱め、近視だったら強め)に出てしまうという事です。

調節麻痺剤を使用しない状態で測定された器械のデータを鵜吞みにしてメガネの度数を決めると遠視だったら弱め、近視だったら強めのメガネになる可能性が高くなります。結果として不要な水晶体の緊張を強いる事になります。具体的には、目や肩が疲れる、近業を嫌がる等。(学習等を嫌がる)
レンズ交換法による屈折検査では、雲霧法や両眼開放屈折検査等を用い調節の介入を防ぐ事が必要です。

当然、自覚的屈折検査に於いても近視傾向の度数が好まれるのでいかに調節の介入を防ぎ精度の高い検査をするかは、個々の検査員にかかっています。また、自覚的屈折検査の精度が保証できない幼児等は他覚的屈折検査の検査値と医師の経験からのメガネ処方となる事もあります、

Top