片眼白内障手術で今日も不同視のお客さん。


今日も、右目のみ白内障の手術を受けられた年配の女性がご来店下さいました。

以前は右目も左目も遠視だったが、白内障手術後の右目が近視になってしまい左右の度数差が4.00Dにもなってしまいました。偏光板を用いたドイツ式不等像視検査では右目の近視眼の方の網膜像がわずかに大きいくらいで融像を妨げるほどではないと判断した。両眼視を考慮した遠近両用メガネで対応する事にしました(ほとんどの検査員は近視眼の像が小さくなるとの思い込みがある。)

本来メガネレンズ越しで像を見た場合近視眼となった術後の右の網膜像が小さいか同じ事が多いのですが、理由はよく解りませんが、今回は逆のパターンでした。(筆者はもともとの水晶体と人工レンズの位置の違いに関係しているのではないかと推測している。)

最近、眼軸長測定器械等とコンピュターの進化により予定度数に対し±O.5Dくらいまでの誤差範囲で人工レンズの度数を決められるようになってきたと聞きました。
そのうえで

今回の度数差が4.00Dはどんな理由でそうなってしまったのか?です。(ちなみに手術をしていない左の裸眼視力が0.7矯正視力は1.0でした。)

Top