遠近両用レンズの「境目」について


エッ!?レンズに境目はないんですか?

そろそろ老眼鏡のお世話になろうかという40代のお客さまに遠近両用レンズの説明をしたら「エッ!?レンズに境目はないんですか?」と言われました。
私よりも下の世代で「遠近両用レンズには境目がある」と思っている方がいらっしゃるとは、私の方こそ驚きました。

そこで、少しだけ遠近レンズについて解説したいと思います。

現在、遠近両用レンズは境目のないものが主流です。
境目のないレンズは「累進多焦点レンズ」と呼ばれ、多少のゆれや歪みはありますが、
最新のものはそれがかなり軽減されており、見え方や装用感は格段に良くなっています。
境目がないことから、遠くから近くまで連続的に見ることができるのが長所です。
そして、見かけ上、老眼矯正が入っているかどうかわからないのも魅力です。

なお、境目が一つのレンズは「バイフォーカルレンズ」と呼ばれ、
累進多焦点レンズのユレや歪み、近見視界の狭さなどに不満を持たれる方に
セカンドチョイスとしておすすめする場合があります。
ちなみに境目が二つのレンズは「トライフォーカルレンズ」と呼ばれています。

Top