遠近両用メガネ

遠近両用レンズの「境目」について

境目のないレンズは「累進多焦点レンズ」と呼ばれ、多少のゆれや歪みはありますが、最新のものはそれがかなり軽減されており、見え方や装用感は格段に良くなっています。境目がないことから、遠くから近くまで連続的に見ることができるのが長所です。


片眼白内障手術で今日も不同視のお客さん。

今日も、右目のみ白内障の手術を受けられた年配の女性がご来店下さいました。 以前は右目も左目も遠視だったが、白内障手術後の右目が近視になってしまい左右の度数差が4.00Dにもなってしまいました。偏光板を用いたドイツ式不等像 […]


Top