検査技術


アイケアシステムの検査技術

アイケアシステムの自覚的屈折検査

  • 視力検査は調節をなるべく排除するため5メートルの検査距離でおこなっています。(理論上0.2ディオプターの調節が生じている状態ではありますが)
  • 両眼視機能検査では屈折、調節、輻輳、調節と輻輳の関係、眼位、輻輳余力、固視ずれ、不等像視、同時視、融像、立体視などを検査しています。
  • 両眼開放屈折検査は、5メートル偏光視力表(ニコン、ニデック)を用いて検査しています。

アイケアシステムの他覚的屈折検査

トプコン レフラクトメータ(屈折度数を測定する器械)

レフラクトメータ写真

 

 

 

 

ニデック オートレフケラメータ(屈折度数と角膜の湾曲を測定する器械)

レフケラトメータ写真

 

 

 

 

 

サンコン フォトケラトメータ(角膜の湾曲を広範囲に測定する器械)

フォトケラトスコープ画像

 

 

 

 

Top