両眼視機能検査


 見たい物がしっかり見えていますか?

視力検査で片眼をふさいで行う片眼遮蔽屈折検査(へんがんしゃへいくっせつけんさ)は基本中の基本です。しかしメガネは両眼を開けて使いますよね、そうです片目だけで見る事は少なくほぼ両目で見ることになります。
そこで、片眼遮蔽屈折検査だけの情報で、両目で見るメガネを作って果たして大丈夫だろうかと疑問が湧いてきませんか。自然視に近い目の状態で度数を求める検査方法に両眼開放屈折検査法というのがあります。
片眼遮蔽屈折検査だけでなくアイケアシステムも採用している両眼開放屈折検査を行う事で最適なメガネになります。

  • 両目で見るときは、輻輳(目の内寄せ)開散(目の外寄せ)が関係しますので片眼遮蔽屈折検査の度数と両眼開放屈折検査の度数が異なる場合があります。
  • 両目で見るときと片眼で見るときでは左右の調節力が異なる方がいます。結果片眼遮蔽屈折検査で求められた度数のメガネではアンバランスとなって眼精疲労の原因になる可能性があります。それを避けるには両眼開放屈折検査が大変有効です。
  • 片眼で見るとき左右眼の調節(ピント合わせ)の量が異なる場合があります。両眼で見るときは左右の調節(ピント合わせ)の量を変える事は出来ないと言われています。
  • 片眼視の時は無関係の眼位異常や固視ズレなども両眼視での検査では一躍顕在化されます。眼位異常や固視ズレから眼精疲労を自覚している場合はその対応策を講じなければなりません。
  • 片眼では起こりえない精密な立体感覚が両眼視(同時視、融像、立体視)では生じます。立体視が必要な運転や操縦従事者には両眼開放屈折検査を含む両眼視機能検査は必須の検査です。

他にもありますが、両眼視に問題がなければ片眼遮蔽屈折検査のみの情報で作られたメガネでもほぼ問題はないと筆者は思います。しかし、両眼視に問題があるかどうかは残念ながら両眼視機能検査(両眼開放屈折検査も含め)をしてみないと解らないとうのも事実です。もし両眼視に問題があるのに両眼視が考慮されてないメガネを使っていたら見えてはいるがなんとなくしっくりしない見え方になるだろうとあなたにも想像出来ると思います。
(実際、当店には「眼科的に問題ないと言われたがなんか変」と言って来られる方の中に両眼視に問題ががある方が結構いらっしゃいます。)

両眼視機能検査をもう少し詳しく知りたい(姉妹サイトに飛びます)

 

Top