両眼開放屈折検査


よく見えるメガネ度数は、片眼遮蔽屈折検査(単眼による屈折検査)でも得dられますが、長時間かけても疲れないメガネとなるともう少しハイレベルな検査をしなけ れば得られないというのが眼鏡業界の常識です。その一つに両眼開放自覚的屈折検査(以下両眼解放屈折検査)というものがあります。両眼開放屈折検査を行えば余計な調節の介入を防ぐ事が出来ます。つまり片眼遮蔽屈折検査では往々にしてよからぬ調節が介入してしまいます。その結果出来たメガネ(両眼視状態)では、左 右の調節のバランスが悪くなったり、片眼の近視の過矯正・遠視の低矯正になりがちで、違和感や疲れが出てしまう可能性があります。さらに眼位のずれや固視のずれも把握出来ます。

両眼開放屈折検査をもう少し詳しく知りたい(「両眼視メガネ」サイトに飛びます。)

Top