加工技術


アイケアシステムの加工に対する姿勢

歪みの少ないレンズ加工

プラスチックレンズとメタルフレームの組み合わせの場合、出来上がりのレンズサイズが大きいと、レンズを締め付ける力が大きくなり、レンズに歪みが生じてしまいます。それを避けるには「手磨り」という方法でレンズを緩くならないぎりぎりのサイズまでカットします。

レンズが薄く軽くする方法

凸レンズに用いられる方法ですが、メーカー在庫レンズは、大きいフレームにも収まるよう、外径が大きく 出来ています。それを小さい玉型のフレームにそのまま使うと厚く重くなってしまいます。装用感を重視する店主としはなるべく避けなければならないと思っています。そこで、アイケア システムでは外径指定、玉型指定を無料で行い、軽くて薄いメガネのご提供をしております。(廉価版を除く)

外径指定とは

フレームとレンズに隙間がでないギリギリ(取りきれる最小)までの大きさのレンズを特注指定する方法。(プラスレンズに行われる。マイナスレンズは意味がないのでしない。)

玉型指定とは

トレーサーで使用するフレーム形状をなぞり、オンラインで結ばれたレンズ工場にパソコンで直接加工指示するシステム。(プラス・マイナスレンズ問わず行います。)

枠入れ、芯取りの考え

レンズの光学中心間距離と目と目の距離が合致するのが最適ですが、どうしても誤差が出てしまいます(当 然。違いすぎる場合は作り直しになるのですが)。誤差が生じても目にほとんど負担が生じないか、かえって楽な方向もありますので、それらを意識しながら加工をしています。(それは両眼視機能検査から眼位と輻輳幅・開散幅から得られます)

Top