不同視対策横浜|不同視眼鏡のアイケアシステム


不同視(ふどうし)について

不同視とは、左右の屈折度数(矯正度数)がかなり異なる眼のことを言います。

不同視の問題

不同視状態を放置しておくと若年では、度数の強い方の眼が使われなくなり不同視弱視になる可能性が高くなります。対処方法は早くにメガネで矯正する事です。年齢は早ければ早いほうが良く一般に10才までにはメガネ矯正をしたほうが良いと言われています。大人になってからは不適切な矯正による眼精疲労と立体視の不良が問題となってきます。

遠視性不同視と矯正視力

おこさんで遠視性不同視のメガネを使っても初期の矯正視力が良くないのは普通だと思って下さい。それは今まで度数の強い方の眼を使っていなかったからです。メガネを掛けることで、網膜に鮮明な像が映りそれを取り込む機能も徐々に正常になり矯正視力が良くなってくるはずです。

経過観察の結果矯正視力の回復が思わしくないときは、強制的に度数の強い方の眼を使わせるため他眼をアイパッチ等で遮蔽することがあります。

メガネを掛けること、他眼を遮蔽することは弱視の治療になります。治療はあくまで矯正視力の回復を目的にしていますので、裸眼視力の回復ではありませんのでご注意下さい。
弱視治療用メガネの対する公的医療保険適用は「こどもメガネのページ」へ

不等像視(ふとうぞうし)について

不同視矯正で一番問題になるのは不等像視です。これは、網膜に写る像の大きさが視力矯正用具によっては左右眼で不同となる症状です。

不等像視検査には

不等像視検査用具の写真

不等像視検査用具

不等像視検査にはニューアニセイコニアや偏光視標を用いたコの字テストなどがあります。上記の右図のコの字テストで上下ひと幅分線がずれていれば左右眼の網膜像を脳で融像するのに困難が伴うと言われていまが、個人差が大きいのでテスト装用が必須です。また子供の場合は順応性が高くそれ以上の差があっても問題なく両眼視が出来ている事例が沢山あります。

左右の網膜像の差を縮めるサイズレンズについて

軸性以外の不等像視に対応するメガネレンズにアニサレンズとかサイズレンズと言われている眼鏡レンズがあります。それは、レンズのカーブや中心厚を変える事で像の拡大が生じる特性を利用したものです。
複雑な計算を経てメーカに特注で作ってもらう本当の意味で完全オーダーメイドレンズになります。不等像視をメガネでなんとかしたいとお考えでしたら一度検討してみて下さい。

コンタクトレンズじゃなければダメなの?

メガネはメガネレンズと角膜の間に距離があるため網膜像の縮小(凹レンズ)や拡大(凸レンズ)が生じる場合があります。眼科医や検査員から「あなたは、不同視なので不等像が生じてしまい両眼とも見やすいメガネは辛くて使用出来ないでしょう」と言われコンタクトを勧められたというお客さんが多数いらっしゃいます。

それはもっともらしいが厳密には正しくありません。

長年眼科にてメガネとコンタクト両方に携わってきた店主は、検査の結果不同視の方でも不等像視が少ないか、全く無い方もいらっしゃる事実を数多く経験してきてます。
そのような方には、両眼のチームワークが取れる不同視対応メガネで疲れを軽減できると考えています。

不同視でもメガネは作れます

「自分は不同視なのだから片眼が見にく疲れるのはしかたないので今のメガネで我慢しなければならない。」「自分は不同視なのだから選択肢がコンタクトしかない」と諦めているなら、一度不同視に詳しい施設にご相談されたらいかがでしょうか?。 不同視に詳しいの国内のお店はこちら(外部HPに飛びます)

(※不同視は一般に左右差が2ディオプター以上ある眼に使われているようです。)

不同視と不等像視の光学理論

下図は相対眼鏡倍率のグラフです。

縦軸に拡大・縮小率を%で表しています。横軸はレンズの度数をディオプターで表しています。
メガネはレンズ後頂点と入射瞳間の距離が15mm,コンタクトレンズは3mmとしています。

水晶体や角膜の屈折力が強すぎるか弱すぎることで生じる屈折性の不同視

rilatve_axis右図より水晶体や角膜の屈折力が強すぎるか弱すぎることで生じる屈折性の不同視の場合は、コンタクトの方がメガネより網膜像の拡大・縮小率が小さいので有利と言えます。

(中央の水平線が拡大縮小がゼロです。コンタクトの方がゼロに近いので優位)

 

 

 

 

眼軸長が長すぎるか短すぎることで生じる軸性の不同視の場合

rilative_ref

右図より眼軸長が長すぎるか短すぎることで生じる軸性の不同視の場合は、メガネの方がコンタクトより拡大・縮小率が小さいので有利と言えます。
近視性不同視の場合は、殆どが眼軸が伸びる「軸性近視」なので、メガネの方が有利なのがお解り頂けると思います。

 

 

 

臨床では、不同視は他の要素(前房深度、視細胞間隔)も関連し個人個人異なるので精密な不等像視検査が必要と考えています。

不同視眼に対するアイケアシステムの主な検査と対応

不同視や不等像視の検査自体はたいした難しい事ではありません。その後の検査結果をメガネ度数に落とし込むのが大変難しいのです。検査員には下記の項目が絶対必要になると考えています。

  • 視機能の知識
  • 光学の知識
  • 検査員の経験
  • テスト装用時の観察眼等

不同視眼に対するアイケアシステムの対処方

  • 不等像視はあるか、あるとしたらどの程度か?
  • 両眼が対等な関連に導くべきかどうか考慮
  • 非利き目の働きをどのていど抑えたらよいか考慮
  • 度数の強い方をどのていど抑えたらよいか考慮
  • 立体視の低下を考慮
  • 調節力は左右眼でどうなっているか?
  • 斜位はあるか、あるとしたらどの程度か?
  • 水平・垂直方向の融像幅はどうか?
  • 違和感の少ないレンズとフレームはどんなものか?
  • 違和感の少ないフィッテング調整(特に傾斜角、頂間距離)はどのようにしたらよいか?

など細分に注意を払い自然な見え方の不同視メガネ作製をしています。

検査には21項目検査偏光視標を用いた検査が必須です。

不同視の症例・事例はこちらでご覧になれます。

Top