強度近視メガネの作製


一般的に近視の度数が強くなると

  • 光学的・・目とレンズの距離や傾きが矯正効果の変化や網膜像の歪曲を生じさせるので注意が必要。
  • 審美的・・レンズのフチが厚くなり渦が目立つようになり、実際の目の大きさより小さくみえる。
  • 物理的・・重くなり鼻パットが当たる部分やモダン(テンプルの先端)が当たる部分に負担をかけ、皮膚が赤くなったりたりずり落ちやすくなる。

店主が考える理想的な強度近視用メガネ作製

眼鏡処方箋やコンタクトレンズからほぼ正確な度数がわかる時は、

  1. フレーム選び
  2. 屈折検査(メガネ度数を決める検査)
  3. レンズ選び
  4. メインフィッティング
  5. 加工(レンズ入荷後)
  6. アフターフィッティング(お渡し時の)

と続くのが最適ではないかと考えています。 度数が全く解らない場合は、1.と2.の順番が入れ替わる事があります。 それは、2.の検査で予想外の強い近視だった場合選んだフレームではうまく対処出来ない事もあり得るからです。

強度近視の方がフレームを選ぶ時の基本

  • ブリッジに弾力性がありすぎないのを選びましょう。
    (そり角が一定しないとか頭部への当たりが弱くなるので超弾性素材は避けましょう。)
  • テンプルは弾力性のありすぎるものは避けましょう。
  • 細すぎて頭部への当たりが弱いのも避けましょう。
  • モダン(テンプルの先)はある程度自由に曲げられるものを選びましょう。
  • 常用眼鏡では、レンズが互いに内側に向いている内ぞりは避けましょう。
  • 頂間距離は睫毛につかない程度に短くできる枠を選びましょう。
  • 検査時の「テストレンズと目の距離」と「メガネレンズと目の距離(頂間距離)」は同じか調整で同じになるものを選びましょう。
    (この辺は少し専門的ですので、スタッフのアドバイスを受けるようにしましょう。)
  • 不同視がある場合は、光学的上下斜位を防ぐ意味で天地の少ない枠を選びましょう。
  • 瞳孔間距離とフレ-ムの中心間距離は同じか少しフレ-ムの中心間距離の広いのを選びましょう。

(当店を含む眼鏡専門店は、お客様と一緒にフレームを選ぶため以上の知識はお客様には不要かもしれません)

瞳孔間距離が62mmなら

  • 玉型42mm鼻幅20mmでフレ-ムの中心間距離は62mmとか
  • 玉型44mm鼻幅20mmでフレ-ムの中心間距離は64mmとか

強度近視には玉型42mm以下鼻幅18mm以上を選ぶと良いようです。

また10Dを越えるような強い近視は

  • 玉型42mm以下鼻幅が24mm以上を選ぶとかなり薄く軽く出来ます。
  • 両テンプルの幅(フレーム幅)は顔幅より広過ぎたり狭いのは避けましょう。
  • レンズを入れた時のフロントとテンプルの重量バランスがよいものを選びましょう。
  • なるべく傾斜角の調整が不要なものを選ぶか傾斜角の調整ができるのを選びましょう。
    (前傾角による収差を防ぐ目的で)

目とレンズの距離(角膜頂点間距離)を短めにすることによる効果

  • 網膜像の大きさの変化を少なく出来る。
  • 網膜像の歪みを少なく出来る。
  • 距離感の変化を少なく出来る。
  • 視界が広くなる。
  • レンズ越しに見た目の大きさがあまり小さくみえない。

「頂間距離と度数効果 例ー1」

ある三重テスト枠で、眼からの距離が、中央のレンズポケットと眼に近い方のレンズポケットで6mm違うとしたら。今、中央ポケットを使い1.0の矯 正視力を得た度数が-6.5Dだったとすると、目に近い方を使うと同じ視力を得るのに-6.25Dで済むと言う事が起きる。これは頂間距離の違いによるも のだが、計算式からも求められます。

計算式(概略)

△D=D×D×h/1000

△D=6.5×6.5×6/1000

△D=0.2535≒0.25

△D:矯正効果の変化量(D)   D:レンズ度数(D)  h=頂点間距離の変化(mm)

「頂間距離と度数効果 例-2」

例えば検査処方時の頂間距離が17mmで度数が-10.00Dだとして、作製されたメガネの頂間距離が12mmとなった場合の矯正効果の変化は、 D=10×10×5/1000=0.50Dとなる。これは0.5D強い度数、すなわち-10.50Dの矯正効果となり過矯正となる場合もあります。

強度近視用フレームの一例(当店最強度近視対応)

当店取り扱いフレームの中でも群を抜く強度近視向けフレームです。デザインはオーソドックスなオーバルなので性別を問いません。上下幅は、20mmと狭いので視界の邪魔にならないか注意が必要です。(ただ今在庫切れ)

強度近視に最適なフレーム

強度近視に最適なフレーム

強度近視に最適なフレーム

強度近視に最適なフレーム

 

Top