近視とは|強度近視の眼鏡ならアイケアシステム


近視眼の状態

  • 角膜や水晶体の屈折力が強くなり網膜の前で結像する
  • 水晶体の位置が前進する(前房深度が浅くなる)ことで網膜の前で結像する
  • 眼軸が伸びる事で網膜の前で結像する

等が考えられます。それは単体及び複合的に生じているものと思われます。

(上記は、厳密に言うと水晶体の調節作用が働いてない場合(遠方無限遠を見ている時)のことであります。)

近視の目とは?

近視とは近くのものははっきり見えるが遠くのものはぼけて見える状態です。言い換えれば近くの物にはピントが合うが遠くの物にはピントが合わない状態です

屈折性近視とは

水晶体や角膜の屈折力が増す事し網膜の手前で結像する近視を「屈折性近視」とよんでいる。

軸性近視とは

眼球の奥行き(眼軸長)が増し網膜の手前で結像する近視を「軸性近視」とよんでいる。

偽近視とは

偽近視とは水晶体が必要以上に膨らみその結果屈折力が増し網膜の手前で結像する、あたかも近視のように装うものです。偽近視は「調節緊張」ともよばれていますが、一般には「仮性近視」とも呼ばれています。

近視進行防止方法

一度近視になってしまうと視力回復(正視に戻るか近視度数が弱くなる)はかなり難しいというのが一般的な考えです。また、近視進行を止める方法も望遠訓練法を利用した各種器機が存在しますが、どれも決定的ではないようです。簡便な方法として私は、近業の合間に3メートル以上離れた所にあるカレンダー等の文字を目の筋肉が リラックスするよう念じながら凝視する事をお勧めしています。簡単な方法で近視進行の抑制になればラッキーです。

近視発生の原因は

小学校低学年からの近視は、両親が近視である確率が高いことから以前から遺伝性が関係するのではないかと言われていましたが、最近DNAに近視の遺伝情報が見つかったようで、遺伝性も関係すると実証されたようです。またパソコンや勉強に伴う近視は、環境に適応した結果の近視と解釈されているようです、しかし視環境に適応したのなら近業距離の25~30(遠点25センチの近視度は計算上-4.00ディオプターで遠点30センチ近視度は-3.33ディ オプター)より強い近視(-6.00Dとか-10.00D)にならなくてもよいように思われます。また、初めて掛けるメガネの度数が-4.00 D以上の方もいる事実から、視環境とは別の力も働いてしまうのではないかと疑ってしまいます、(例えば近視化のスイッチがいったん入るとそれが継続してし まい強度近視になってしまうとか)ともかく近視の発生と進行防止は、今のところ良く分からない事が沢山あります。

病的近視

遺伝性で、乳幼児の頃から近視となり大人になってからも進行します。眼軸が延びる事で強度近視となりますが、それに伴い網膜が薄くなり豹紋状眼底を呈します。さらに眼軸が延びると眼底に萎縮や変性が見られ硝子体融解や網膜剥離などの合併症を引きおこす事もあります。

網膜剥離

網膜剥離

網膜剥離

網膜が引っぱられて裂けてしまい、網膜が脈絡膜から引き離される。剥離した網膜は栄養をもらえなくなり、網膜側にある視細胞が死んで視野が欠損します。放置すると網膜全体が剥離し確実に失明します。

 

 

 

核白内障

水晶体が濁って物がぼやけて見える白内障のうち、強度近視では水晶体の中心部の「核」が濁る核白内障が起こりやすく、若いうちから発症する事があります。

核白内障  (かくはくないしょう)とは

白内障は水晶体の濁り方で3種類に分類され、核白内障は水晶体の中央部が濁ります。ほかに、皮質白内障(水晶体の端から濁る)、後嚢下白内障(後側 から濁る)があります。核白内障が進行すると、水晶体の屈折力が高まって近視化することがあり、老眼が軽くなったような感じになることがあります。また、 物が二重に見えるケースもあります。

近視性黄斑部出血

眼軸長が伸びることで網膜の黄斑部にある膜が断裂し、新生血管という病的な破れやすい血管が網膜に侵入。新生血管が出血したり浮腫を生じることで視力低下を招きます。

近視性網膜脈絡膜萎縮

網膜やそのすぐ外側にある脈絡膜が引き延ばされて薄くなり萎縮することで眼球が黄色く見えます。年齢とともに増加し、軽度のものも含めると30歳代 で強度近視の人の約半数にみられます。視力障害や視野障害が徐々に進行し、矯正視力0.1以下といった極端な視力低下の恐れもあります。

近視性視神経障害

網膜や脈絡膜だけでなく、眼球の後ろについている視神経も同時に伸びて変形し、視神経障害の原因になる。早期から視野の中心部が欠けやすいため、早い段階から視力障害を起こすケースも多くみられる。視野障害が進行し続けることが多く、早期発見、早期治療が重要です。

Top