仮性近視|強度近視のメガネのアイケアシステム


仮性近視について

一般的によく「仮性近視」と呼ばれる眼の状態は眼科(学)では、あるいは専門家の間では偽近視とか調節緊張とか呼ばれています。仮性近視 が引き金になり近視が起こるのではないかと言われ たりもしていますが、真偽は定かでないようです。
さてお子さまの遠方視力の低下が疑わ れたらまず眼科にて調節麻痺剤を使用した検査を受けましょう。
遠視(系)なのか近視(系)の中の「仮性近視」なのか「真性近視」 なのか、それと乱視の有無の判断をしてもらいましょう。
検査は点眼前後のレチノスコープやオートレフラクトメーターの屈折値や点眼前後の裸眼視力の変化及び矯正度数などで判断されますが、遠視(系)ではなく、近視(系)だとしても、一度の検査では「仮性近視」な のか「真性近視」なのか診断がむずかし場 合もあります。その場合は、裸眼視力が低めであっても、すぐには眼鏡処方はせずにとりあえず点眼により様子を見るということになる場合があります。「仮性近視」 であればミドリンMという目薬を就寝前に使用することで、視力が調節緊張分は回復します。
しかし数ヶ月使用しても視力が戻らなければ残念 ながら本当の近視と考えなければなりません。本当の近視であったのなら、調節麻痺剤の点眼を数か月も続けたことは、結果としては無駄だったということですが、それは、点眼をしてみないとわからないことですので、しかたがありません。
これを読んで、裸眼視力が悪くて授業中に不便をきたしているのに、効果があるかどうかわからない点眼などするよりも、あるいは、点眼をしながらもとりあえずは授業に困らない程度の視力が出るメガネを掛けさせてあげたいと思われる親御さんもおられるかもしれません。そういう親御さんには私は次のように申し上げたいです。
黒板の字などを見ようとしただけで本来遠方を見るときには不要な調節の介入が生じてしまい結果見にくいというお子さんが少数ではありますがおられます。
つまり「仮性近視」なわけです、本来は近視ではないのでメガネは不要となるところですが、学業に支障が生じる場合は調節効率をかんがみそれ用のメガネを作る場合もありますので眼科医に良く相談してみてはいかがでしょうか。

Top