レーシック術後メガネ


レーシック手術の後遺症

レーシック手術で眼精疲労になってしまった。

最近、レーシック(角膜近視手術)をされた後に、メガネを作りたいとおっしゃり来店される方がおります。お話をお伺いすると、遠くはメガネなしでも見えるようになったものの、パソコン作業など近業作業が疲れてしょうがないとおっしゃいます。メガネなしの生活が出来ると思いレーシック 手術をしたのに前と同様メガネのお世話になろうとは考えてもいなかったと。

眼精疲労の原因は

検査すると、乱視が残っているせいもありますが、それ以上に殆どが遠視眼状態になっています。つまりメガネ・コンタクトでしたら過矯正とでもいいましょうか、この場合は削り過ぎと言うことになります。近視だった方がレーシック後近視とは正反対である遠視になってしまった訳です。その ように遠視眼になってしまったための疲れです。

遠視になってしまった眼はなぜ疲れるの?

私たちは近くの物をを見るとき、水晶体を厚くして屈折力を増しピントを合わせます。遠視になってしまった人は遠くも近くも、遠視の 分だけ水晶体を厚くしてピントを合わせなければはっきり見えません。特にパソコン作業等近くの物を見るときは10代20代の柔らかい水晶体なら疲れなどあ まり気にならないでしょうが30代かそれ以降の方は大変苦痛に感じるようになります。(「遠視とは」を参照して下さい)

角膜を削るのは、角膜が厚くなって近視になったから?

さて角膜が厚くなる事で近視になったのであればレーシック(角膜を削る手術)にあまり抵抗感がないものと思います。ところが、近視 の殆どは眼の奥行きが伸びることによって生じる「軸性近視」と言われるものなので、角膜が厚くなる云々は全く関係がないのです。詳しく申し上げれば角膜が 近視に関係するのは角膜の厚さとかではなく角膜の屈折力(角膜の前面カーブに関係する要素)が強くなりすぎて生じる「屈折性近視」と言われるものです。つ まり近視に無関係の角膜を削る行為は、つじつま合わせの手術と言われてもしかたありません。さらに削りすぎにより遠視眼になっても遠くが裸眼で見えるよう になれば、それで良しとしてしまう考え方は眼の機能を無視した安易な考えと思えてなりません。

レーシック手術でなぜ遠視状態に?

検査器械の特性から

近視度数を測定する器械にオートレフラクトメータというのがあります。これは器械の特性として実際の近視度数より強く解析されてしまうという欠点があります。

レーシック手術でもそれが使われていますので、ぴったり正視眼になるように角膜を削る事そのものが不可能なのでは?と考えています。

オートレフラクトメータのデーターは参考程度

当店でもメガネの度出しの時オートレフラクトメーターという検査器械を使います。その検査器械を覗くことで生じる「器械近視」とい われるものや、調節というものが介入し実際の度数より近視傾向に解析されてしまうという特徴があります。(メガネの処方度数は、レフラクトメーターで測定 されたデータはあくまで参考程度とし、視力表にて最終度数をお客さんと共に出す自覚的屈折検査というものがあります。さらに両眼開放屈折検査というもので 調節の介入を極力防いだ度数を出すことが可能となっています。話はそれますが、レフラクトメーターで測定されたデータをそのまま採用し過矯正メガネを平気 で作られているメガネ店もありますので注意が必要です。)

「過ぎたる方が良い」という発想から

次に遠視状態になる原因として、削り不足で遠くが見にくいより、多少眼に負担がかかっても遠くが見える遠視眼にしておく方が、契約(レーシックしたら1.0以上の視力になるでしょう)上優先されるためではなかろうか?と考えています。

つまり遠視になっても水晶体の作用で視力の補完をしてくれるので視力低下を顕在化させないですむ。よって視力での「もめ事」が少なくなる。という意識が働くためではなかろうかと推測しています。

近視の方は裸眼でのパソコン作業が楽に行える眼なのです。

近視(度数にもよります)の人は裸眼でのパソコン作業等近くが楽に見える目なのです。その眼が術後削りすぎによる遠視になってしまったら大変です。

パソコンを使わない職種が皆無になっている現状では、術後の「近くが見にくい」「疲れる」は、ご本人にとって本当に深刻な問題であると強く認識しております。

メガネ・コンタクトが不要と喜んだのが、ぬか喜びとならないように、これからレーシック手術を受けようかと考えているなら先生と良く相談する事が重要で。

レーシック術後でお悩みの方はこちらもご覧下さい。

*「近視眼は、ほとんどの場合裸眼でのパソコン作業等近くが楽に見える目なのです」と申し上げましたが、実は近視の度数とは別に両眼視機能に問題があれば近視裸眼でもパソコン作業等近くが辛いという場合があります。

* 削りすぎて遠視になっても遠くが見えるのは、水晶体が厚くなり屈折力を増しているからで、遠くを見るときにも常に水晶体を厚くする(緊張する)事で見えているのです。

レーシック手術後の不満

近年レーシック手術(近視矯正手術)を受けられる方が大変多くなっています。

レーシック手術で希望が叶えれら大変満足されている方がおられる一方、裸眼で遠くをハッキリ見たいという初期の希望はレーシック手 術で叶えられたものの、「なんかしっくりこない」「見え方が変」「以前より疲れる」など違った悩みが生じているケースもあるようです。担当医は「レーシッ ク手術そのものは成功しているので」となかなか耳を傾けてくれない。

どうしたものかと困っているなら一度両眼視機能検査を受けられたら如何でしょうか?

レーシック手術眼科で両眼視機能の検査を行っていればそこが一番いいです。もしそこが、両眼視機能検査をしてなくともそれは怠慢でもなんでもありません両眼視機能検査をしている眼科は全国でもごくわずかですので。
では、両眼視機能検査はどこで受けられるのでしょうか?
それはアイケアシステムはじめ全国の視覚機能研究会所属会員ならほとんど行っています。

また、レーシック手術についてもっと知りたようでしたら近視手術の後遺症対策研究会のホームページをご覧下さい。

Top