斜視術後メガネ|横浜アイケアシステム


斜視術後メガネ

斜視の手術で眼位を正位にしようとしてもかなりむずかしいようです。外眼筋を縮めたり、付いている場所を変えたりする外科的手術なのでしかたない部分があります。手術前は外斜視だったのに手術後は内斜視になったりすると大変です。オーバーしないよう手術がされているのが現状ではないでしょうか。斜視手術をされ目の向きが見た目に正常になっても両眼視が出来ていないことも多いので注意が必要です。両眼視の最高次元は立体視や奥行き感覚です。もしその辺がどうも出来てないと感じるようでしたら両眼視検査(立体視検査)をうけてみましょう。

審美的な手術

見た目に一眼がずれているといじめやコンプレックの原因になりやすいと思います。ベストな状態は手術で眼位が正常になり両眼視が出来るようになることですが、そこまででなくとも見た目に正常になれば一安心とも言えます。

両眼視不良のままだと

先にも述べたとおり斜視手術で審美的な部分が解決できれば一安心です。でも両眼視に問題が残れば立体視や視覚認知にも影響を及ぼす可能性があります。

斜視についてもう少し詳しく知りたい方は、両眼視の専用HPをご覧下さい。

斜視について両眼視メガネのサイトに飛びます

Top